介護に関する情報が満載!

入浴介護時に気をつける事

入浴介護に必要な事は、相手の体調をそれとなくチェックする事です。
入浴前に体温や血圧、脈拍数を測ってメモしておくと、普段との違いが分かりやすいです。
ただお年寄りの場合、体調が悪くても体温が上がらない事もあるので、ご本人と話しながら顔色を見たり、元気かどうか確認する事も大事です。
また湯あたりを起こさないように水分補給を済ませておく事も大事です。
冬場は、脱衣所が冷えるため暖房で暖めて、風呂場との温度差を少なくしておきます。
温度差が開き過ぎている場合、お年寄りの方が風呂場から出た時の寒さで、血管が収縮して、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器系疾患を起こしかねません。
病気を防ぐためにも、水分補給は欠かさないようにすると良いです。
また入浴時に、肌の状態をチェックするのも忘れてはいけません。
後は、ご自分で出来る事を使っていただき、生活に必要な筋力をしっかり維持出来るように見守り、声をかける事が、生活する上での元気に繋がります。
介護は、声かけに始まり、声かけに終わると言います。
介護者は、どんどん声をかける事が大事です。

入浴介護の難しさについて

入浴介護は自宅で行う事は難しいです。
訪問でそれを行う事は可能ですが、事業者の事情が優先されるケースが多いので当事者や家族が満足出来る結果を得る事が難しいです。
入浴介護は家庭で行う事が難しいのでデイサービスを利用して当事者のニーズをみたすケースが多いです。
これを利用する事によって介護を行う家族の負担が軽減されます。
施設での入浴介護も簡単ではないです。
直前まで元気であってもバイタチェックで異変があれば中止しなければならないです。
自宅でのそれ以上に安全を重視しなければならないです。
連絡帳等で家族と事業所の職員がやり取りを行い、安全に当事者がお風呂を利用出来るように取り組んでいます。
時間や場所だけではなく、病気や健康状態の事も注意しなければならないので大変です。
家族も施設の職員も当事者の生命を守る事が強く求められるので精神的にも肉体的にも大変な業務です。
お風呂の中で突発的に体調が悪くなる事もあるので注意が必要です。

Last update:2016/2/9

Copyright 2015 Nursing All Rights Reserved.