介護に関する情報が満載!

介護におけるコミュニケーションの大切さ

介護をスムーズに行うためにはコミュニケーションが重要です。
言語によるコミュニケーションも大切ですが、非言語によるそれも大切です。
多くの場合、介護では関係する双方が言葉でのやり取りを出来ないケースが多いです。
ケアを行う人間は介護を必要とする人間の表情、におい、雰囲気をみてケアを行う事が多いです。
言語によるコミュニケーションばかりに注目していると相手の思いやニーズや掴み損ねるおそれがあります。
ケアを行う人は意識をして言葉以外のものにも注意すべきです。
言語によるやり取りが当たり前になっているため、それが使えなくなると精神的、肉体的に疲弊する人が少なくないです。
日頃から非言語でのやり取りに力を入れていれば後に苦しい思いをしなくても良いです。
訴えを把握してもらえない当事者、それが理解出来ない介護者共に苦しいです。
第三者が間に入り、非言語でのやり取りを学ぶ事が出来るシステムを構築すれば、精神的、肉体的に安定する人は多いです。

"

介護で大切なことはコミュニケーションのスキルです

福祉施設で働く人にとって大切なことは、介護される人とのコミュニケーションが上手にできることです。
利用する方と援助者の間が言葉を通して問題なくスムーズな関係ができるようにすることは専門職として重要なことです。
利用者が何を伝えているか、また介護者の伝えたことがしっかり伝わっているかに配慮することが必要になります。
そのためには専門職として、コミュニケーションのスキルをつけるようにすることです。
利用者の認知力、思考力、行動、感情を理解しながらコミュニケーションをするようにします。
一方的なやりとりではなく、介護者のあたたかいスキンシップや言葉かけが大切になります。
サービスの分野では、相手の要求を先に聞き、手助けをすることです。
障害の程度を考慮しながら、自立の精神と人間としての尊厳を大切にしなければいけません。
介護はサービスをあたえる仕事です。
人間と人間の言葉のやりとりやメッセージが伝わり、喜びを共有することが大切です。

pickup

Last update:2017/6/16

Copyright 2015 Nursing All Rights Reserved.